議会質問

都議会質問  意見陳述  文書質問

議員提案第一号 がん対策条例趣旨説明 議事録

2012年03月19日

議員提案第一号 がん対策条例趣旨説明 2012.3.19

趣旨説明(案)
議員提出議案 第1号「東京都がん対策推進条例(案)」の提案理由を説明致します。

毎年3万人もの方が亡くなっているがんについて、東京の特性にあったがん医療・療養対策を一層進めていかなければなりません。

都は、これまでも施策を推進してきておりますが、それでもなお、東京のがん死亡率は全国平均より高く、早期発見・早期治療のために重要な検診受診率も3割台に低迷しています。男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんに罹るといわれております。

こうした中で、すべての都民が、がんについて学び、考え、自ら予防と早期発見につながる行動を率先してとれるような機会を作っていきたいと考えます。そして、がんに罹っても、適切な医療を選び、苦痛を軽減し、住み慣れた地域で良質な医療が受けられるよう、この条例を制定することによって、都民にも浸透させ、がん対策を一段と加速し、拡充することが必要と考えております。

そのため、本条例案は、東京都、都民、保健医療関係者、事業者の責務を明らかにするとともに、がんの予防及び早期発見、科学的知見に基づく適切ながんに係る医療、その他のがん対策の基本となる事項を定める内容としています。

以上が提案の趣旨であります。本委員会において十分ご審議の上、議員の皆様のご賛同を賜りますよう、お願い申し上げます。